3分Biz.
ニュース
» 2021年11月26日 12時42分 公開

煙を出さず、ヘルシーに焼ける無煙グリル調理器ダイアモンドヘッドが発売

ダイアモンドヘッドは、煙を吸引し、油はねを抑えて調理ができるグリル調理器「無煙グリル調理器 ゼロスモーク・スタンダード RM-119TE」を発売した。

[熊谷ショウコ,ITmedia]

 ダイアモンドヘッド(東京都港区)は、「ROOMMATE(ルームメイト)」ブランドの新商品「無煙グリル調理器 ゼロスモーク・スタンダード RM-119TE」を発売した。価格はオープンで、実勢価格は1万2800円。煙がでにくい調理器を発売することで、売り上げアップを狙う。

「無煙グリル調理器 ゼロスモーク・スタンダード RM-119TE」(出所:リリース)

 同製品は、煙を吸引し、油はねを抑えて調理ができるグリル調理器。プレートの表面で空気が循環し、煙が立ち上がらずスムーズに吸引する。

煙を出さずに調理を楽しめるようにした(出所:リリース)

 プレートの穴から水を入れた水トレイに脂が落ちる仕組みで、豚バラ肉などの脂の多い肉は余分な脂を落としてヘルシーに焼けるという。

温度やタイマーの設定が見やすいデジタル表示

 温度調整は保温の80度から高温調理の220度まで、20度単位で設定が可能。しっかり焼きたい場合には、最大250度まで設定できるようにした。

最大250℃のハイパワー火力

 付属品のフラットプレート、グリルプレート、油受けカバー、油受け皿は取り外しができ、プレート類は中性洗剤で水洗いも可能。本体は軽く絞ったタオルでふき取ることで、調理後のお手入れも楽にできるようにした。

取り外しやお手入れ

 本体サイズは約495(幅)×320(奥行き)×135(高さ)ミリ。重さは約4.85キロ。電源コード長は約1メートルで、消費電力は1200W。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -