3分Biz.
ニュース
» 2021年12月02日 11時20分 公開

スノーピーク、新潟県で街づくりに参画 どんな空間になるのか?自然と共に生きる暮らしを提唱

スノーピークは新潟県で街づくりに参画したと発表した。交流が生まれるコマーシャルエリアや宿泊体験を提供するゲストハウスエリアなどを設ける予定だ。どのような空間になるのかというと……

[ITmedia]

 スノーピークは、新潟土地建物販売センターと石田伸一建築事務所(いずれも新潟市)と共同して、2022年10月に新潟市西蒲区和納地区に住宅街「野きろの杜」を開発すると発表した。人との交流や、自然と共に生きる暮らしを訴求する。

スノーピークは住宅街「野きろの杜」を開発する(画像:以下、リリースより)

 野きろの杜は、3つのエリアで構成されている。複合住宅街で約6600坪の敷地内に34区画の分譲地と8戸の賃貸住宅からなる「住宅エリア」、ショップやイベントを通して交流が生まれる「コマーシャルエリア」、宿泊体験ができる「ゲストハウスエリア」だ。人が集うことで自然発生的に交流が生まれ、自然と共に生きる暮らしを実現するとしている。

野きろの杜のロゴ

 コミュニティ広場には、焚火台を設置することで、家からキャンプ道具を持ち出し、広場でバーベキューをするのが日常的な風景になるような工夫をした。キャンプ場のような解放感で人と人の交流を促す。

 定期的にマルシェを開催するなど、地元農家や飲食店との交流が生まれる仕掛けを作っていく。住民以外も立ち寄れるようにして、外に開けた環境を用意する。そのほか、自然を楽しめるような家の設計や木材の地産地消、景観など環境面でもさまざまな工夫を施している。

中央に焚き火台を設置したコミュニティ広場

 本プロジェクトでは、新潟土地建物販売センターが不動産開発と全体企画管理を担い、石田伸一建築事務所が住宅の建築をはじめ、共有空間のデザインなどを担当する。スノーピークは、キャンプで培った経験をコミュニティづくりに生かすべく、住宅に「野遊び」の要素を取り入れるアウトドアリビングや広場の監修などを行う。

野きろの杜の内部イメージ

 スノーピークは、15年より身近に自然を感じる住まいや暮らしを提案する「アーバンアウトドア事業」を展開しており、住宅向けの商品ラインアップを強化するほか、マンション開発、分譲地開発等への参画を積極的に進めていた。戸建て分譲地における街づくりへの参画は今回が3例目だが、6600坪という広さは今回が初めてだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -