3分Biz.
ニュース
» 2021年12月02日 17時02分 公開

小田急、ベビーカーシェアリングサービスを本格導入 新宿駅など3駅に

小田急電鉄は、新宿駅など3駅にベビーカーシェアリングサービス「Share Buggy」を同月7日から本格導入すると発表した。駅改札付近の専用ポートから利用でき、料金は1時間220円。事前予約は不要。

[ITmedia]

 小田急電鉄は12月2日、沿線ユーザーの子育て支援の一環として、新宿駅など3駅にベビーカーシェアリングサービス「Share Buggy」(シェアバギー)を同月7日から本格導入すると発表した。駅改札付近の専用ポートから利用でき、料金は1時間220円。事前予約は不要。同社は5月以降、本格導入に向けた実証実験を重ねていた。

photo ベビーカーシェアリングサービス「Share Buggy」

 同サービスは、ベビー用品レンタル・販売サービスを運営するBabydoor(東京都豊島区 )が提供するシェアサービス。専用アプリを操作し、クレジットカード決済でベビーカーをレンタルする仕組みで、外出先にベビーカーを持参する必要がないのが特徴。新宿駅と新百合ヶ丘駅に3台、海老名駅に5台設置し、子育て世帯の外出時の負担軽減を狙う。

photo 利用手順

 料金は1時間220円だが、3時間では550円、6時間では880円になる。返却時間を過ぎると、自動的に1時間あたり220円が課金される。駅構内を閉鎖している午前0時から5時を除く時間帯で利用可能。

 小田急は「さまざまなご利用ニーズを捉えて、設置駅の増加を検討する」としている。

photo
photo プレスリリース

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -