3分Biz.
ニュース
» 2021年12月24日 09時29分 公開

初任給はどうなる? 23年卒の学生新卒採用は増えそう(1/2 ページ)

リクルートワークス研究所の調査によると、2023年卒学生を対象にした新卒採用数が「増える」と答えた企業は10.9%。22年卒から一転して「増える」が「減る」を上回る結果となった。

[熊谷ショウコ,ITmedia]

 2023年卒学生を対象にした新卒採用数が「増える」と答えた企業は10.9%で、22年卒から一転して「増える」が「減る」を上回る――リクルートワークス研究所の調査で、こうした結果が分かった。

2023年卒学生の採用見通しは(写真提供:ゲッティイメージズ)

大企業での採用意欲が回復

 新卒採用見通しは、「増える」が22年卒の7.7%から10.9%と、3.2ポイント増加した。「減る」は、22年卒の11.6%から3.9%と7.7ポイント減少。「変わらない」は22年卒の45.0%から49.4%と、4.4ポイント増加した。

 「分からない」は、22年卒の26.1%から24.1%と2.0ポイント減少。また、「以前も今後も採用しない」は11.7%と、22年卒の9.5%から2.2ポイント増加した。

23年卒の大学生、大学院生を対象とした新卒採用の見通し(出典:プレスリリース)

 従業員規模別に見ると、すべての従業員規模で「増える」が「減る」を上回った。「増える−減る」のポイントが最も大きいのは5000人以上の企業(+15.1ポイント)で、最も小さいのは5〜99人規模の企業(+1.8ポイント)だった。

 同社では「従業員規模が大きいほど『増える−減る』のポイントが大きく、大企業での採用意欲回復が顕著な様子が分かる」としている。

従業員規模別 23年卒者の新卒採用の見通し(出典:プレスリリース)

 業種別でも、すべての業種で「増える」が「減る」を上回った。中分類で見ると、「増える」が「減る」を大きく上回っているのは、飲食店・宿泊業(+14.0ポイント)、情報通信業(+10.9ポイント)、機械器具製造業(+10.6ポイント)となった。

 飲食店・宿泊業については22年卒が−15.7ポイントであったことから、同社では「まだコロナ禍前の水準まで回復したとはいえない」と考察している。

業種別 23年卒者の新卒採用の見通し(出典:プレスリリース)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -