ニュース
» 2023年09月30日 10時47分 公開

日本で初の仕分け拠点 「ソートセンター」、東京・品川に開設 米アマゾン1000人の雇用創出

日本初のAmazonの仕分け拠点となる「ソートセンター」が開設。商品の保管や梱包を行う「フルフィルメントセンター」と、配送を行う「デリバリーステーション」をつなぐ、配送網の中間拠点。新たに約1000人の雇用も創出する。

[ITmedia]

 米アマゾンの日本法人(東京都目黒区)は、日本初のAmazonの仕分け拠点となる「ソートセンター」を開設した。同施設は、商品の保管やピッキング、梱包を行う「フルフィルメントセンター」と、利用者への配送を行う「デリバリーステーション」をつなぐ、配送網の中間拠点。開設に伴い新たに約1000人の雇用も創出する。

photo アマゾンのオフィス(提供:ゲッティイメージズ)

 東京都品川区内に開設した。東京国際空港(羽田空港)から約3.5キロ、東京港「東京国際コンテナターミナル」から約1.5キロの場所に位置し、東京貨物ターミナル駅、首都高速のインターチェンジにも隣接。陸上、海上、航空のアクセスに優れるという。

photo 日本初のAmazonの仕分け拠点となる「ソートセンター」(出典:プレスリリース、以下同)

 施設内には、先端物流設備を導入し、仕分けの自動化と効率化を実現している。2フロアで延べ床面積はテニスコート100面相当以上の広さに相当する約2万8000平方メートル。主に関東・北信越地方、北海道・沖縄に向けた幹線輸送の拠点として、1日に最大約75万個の商品の仕分けに対応する。

photo アマゾンの配送拠点内の様子(出典:公式Webサイト)

 同社は中間施設の設置で「トラックなどの積載効率が向上し、より多くの商品を、効率的に配送できる。積載率を高めることで配送拠点へ商品を運ぶトラックの台数も削減され、総輸送距離の短縮にも寄与する」と意義を強調している。

 同社ではEC需要の高まりに伴い、配送網を強化しており、7月には栃木県や群馬県、富山県など11カ所に配送拠点「デリバリーステーション」を、6月には千葉県千葉市と埼玉県狭山市に物流拠点「フルフィルメントセンター」をそれぞれ新設していた。

photo 新設された物流拠点「フルフィルメントセンター」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.