2015年7月27日以前の記事
検索
調査リポート
査定基準などに悩む企業も:

中小企業の「冬季賞与」、18年は増える? 減る? 450社に聞いた結果は……

中小企業の冬季賞与額は、前年からどの程度増減するのか。人材会社エン・ジャパンが調査結果を発表。「増額予定」と答えた企業は31%で、「減額予定」(10%)を大きく上回った。

Share
Tweet
LINE
Hatena

 中小企業の冬季賞与額は、前年からどの程度増減するのか? 人材会社エン・ジャパンが従業員数が299人以下の451社を調査した結果、「増額予定」と答えた企業は31%で、「減額予定」(10%)を大きく上回った。残る45%は「変わらない」と回答した。

photo
中小企業の冬季賞与の増減に関する調査結果(=エン・ジャパン調べ)

 増加幅は「1〜3%未満」(23%)が最多。「3〜5%未満」(12%)、「5〜7%未満」(10%)という結果だった。増額理由は「業績が好調」(73%)、「社員の意欲向上」(60%)、「離職・退職の予防」(17%)、「物価上昇への対応」(5%)などが挙がった。

 賞与を増額する企業が多い業界は、「商社」が40%でトップ。以下、「流通・小売」(36%)、「メーカー」(34%)、「広告・出版・マスコミ」(31%)、「金融・コンサル」「サービス」(ともに30%)という結果だった。

photo
業種別・中小企業の賞与額の変動(=エン・ジャパン調べ)

 一方、減少幅は「15%以上」(16%)が最多。「1〜3%未満」(10%)、「3〜5%未満」「5〜7%未満」「7〜9%未満」(いずれも8%)と続いた。減額理由は「業績不振」(72%)、「経営体質強化に向けた人件費圧縮」(12%)、「社員数の増加」(7%)、「給与と賞与の配分見直し」(4%)などだった。

 企業側に、社員への賞与支給を巡って悩んでいる点について聞いたところ、最多は「社員の評価・賞与の査定基準への悩み」(46%)。担当者からは「営業担当者以外のスタッフに対する評価基準が明確になっていない」などの意見が出た。

 次いで多かった回答は「賞与支給額による社員モチベーションへの影響」(41%)。「支給額が多少増えても社員のモチベーションにあまり影響はないが、支給額が減るとやる気を大きく損なう」「評価するのは人間なので、どうしても主観が入る。査定結果に納得できず、一喜一憂する社員が多い」といった声があった。

 このほか「上司による査定フィードバックへの悩み」(24%)、「賞与の算定式の悩み」(21%)、「業績不振など、原資確保の悩み」(18%)などが多かった。

photo
中小企業の賞与支給を巡る悩み(=エン・ジャパン調べ)

 調査は2018年10月24日〜11月27日にかけてインターネット上で実施した。

#Shift

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る