2015年7月27日以前の記事
検索
ニュース
月販目標の8倍:

トヨタ「RAV4」発売1カ月で2万4000台受注 20〜30代が4割

トヨタ自動車は、4月10日に発売した新型「RAV4」について、1カ月で約2万4000台を受注したと発表。

Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 トヨタ自動車は5月16日、スポーツタイプ多目的車(SUV)の新型「RAV4」について、発売から約1カ月の5月15日時点で、約2万4000台を受注したと発表した。月間販売目標を3000台に設定しており、現時点でその8倍を受注している。

photo
4月10日に発売したトヨタの新型「RAV4」

 RAV4の日本での販売は約3年ぶり。人気が高まっているSUVの需要を取り込んでいるようだ。

 新型RAV4は、新たに開発した4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」をはじめとする3種類の4WDシステムが大きな特徴。全体の約9割が4WD車を選んでいるという。ダイナミックトルクベクタリングAWDの搭載車は全体の約3割。

 また、20代と30代の購入者が全体の約4割を占めており、若い世代の購入者も比較的多いようだ。

 同社によると、デザインや走行性能、大きなラゲージスペースなどが好評だという。

photo
4WDシステムによる走行性能が好評だという
photo
大きなラゲージスペースを確保している

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る