ニュース
» 2008年10月22日 20時32分 公開

GMAPジャパン、564馬力の「キャデラック CTS-V」2009年モデル+D Style News

最高出力564馬力の4ドアセダン「キャデラック CTS-V」が登場。圧倒的なパフォーマンスを備えたラグジュアリー&スポーティーな一台だ。

[ITmedia]
photo キャデラック CTS-V(本国仕様車)

 ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは10月22日、ラグジュアリー・スポーツセダン「キャデラック CTS」のハイパフォーマンスバージョン「キャデラック CTS-V」の2009年モデルを発表した。2009年1月10日に発売する。価格は955万円。

 6.2リッターのスーパーチャージャー付きV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力は564馬力(415kW)。多くの自動車メーカーが高性能車のテストコースとして利用するニュルブルクリンクのオールドコースで、4ドアセダンとして世界最速(同社による)の7分59秒32というラップタイムを記録した。


photophotophoto

 トランスミッションはステアリングタップシフト付きの6速AT。サスペンションには磁性流体によって減衰力をコントロールする「マグネティック・ライドコントロール」が採用されている。ブレンボ社製のハイパフォーマンスブレーキシステムも搭載。

photo

 エクステリアは、サテン仕上げのフロントメッシュグリルや専用デザインの19インチアルミホイールの採用により、迫力ある仕上がりとなった。インテリアには黒曜石(オブシディアン)調の新トリムパネルやレカロ社製14ウェイパフォーマンスパワーシート、さらに横Gインジケーター/ブーストメーター付きのインストルメントパネルなどが採用されている。

photophotophoto

関連キーワード

セダン | 最速 | スポーツカー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -