ニュース
» 2008年10月24日 22時28分 公開

映画「ハッピーフライト」で世界初の機内試写会飛ぶ試写室

[ITmedia]
image 「ハッピーフライト」公式サイト

 映画「ハッピーフライト」の特別試写会は“雲の上”で行われる。

 東宝は、11月15日公開の映画「ハッピーフライト」上空試写会イベントを11月7日に実施、応募を受付中だ。

 同作品をバックアップしているANAの協力による羽田発の特別チャーター便で軽食付きの機内上映会を実施、関西国際空港に向かう。監督・キャストは関西国際空港で到着を待っており、関空着後に飛行機を綱で引っ張って動かすイベントに参加できる。イベント終了後、関西国際空港を出発し、羽田空港に戻ってくる。

 映画公式サイトから応募でき、締切は10月29日(水)15時。詳細スケジュールは応募ページに紹介されている。試写会の募集人数は100人。

 映画「ハッピーフライト」は、「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督の最新作。パイロット、キャビンアテンダントなど航空機の飛行に携わる人々の姿を、笑いと涙を交えて描く。出演は、田辺誠一、時任三郎、綾瀬はるか、寺島しのぶ。ANAは撮影にボーイング「747−400」を貸し出すなど全面協力を行っており、11月には「ハッピーフライト」のサイドストーリーを機内上映する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -