ニュース
» 2004年06月04日 11時04分 公開

OSCARアライアンス、オープンソースのライセンス問題を含む法律相談を開始

OSCARアライアンスは、オープンソースのライセンス問題を含む法律相談を開始した。メールで受け付け、高度な問題は尾崎孝良弁護士が対応する。

[西尾泰三,ITmedia]

 オープンソース・ビジネスの普及啓蒙を推進するOSCARアライアンスは6月4日、オープンソースのビジネス利用の拡大に伴い、そのライセンスをどのように判断し対応していくかの法律相談を開始することを発表した。

 オープンソースのライセンス問題については、SCOの例を見るまでもなく、複雑なものになりがちだ。今後、単にオープンソースとして公開されたソフトウェアの利用だけでなく、オープンソースのライセンス形態の違いや、新たなライセンス形態の発生、あるいは様々なライセンスが混在しているソフトウェアなど、法的対応が多岐にわたっていくことが予想される。

 今回発表された法律相談サービスの内容では、オープンソースに関わる法的問題をメールにてOSCARアライアンスの事務局が受け付け、高度なものについては尾崎孝良弁護士が対応する。料金は基本的には無料だが、調査などが必要な内容については、別途費用が必要となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -