ニュース
» 2004年06月08日 22時54分 公開

日本IBM、SAP R/3蓄積データ分析を支援するお試し版システムを提供開始

日本IBMは、「SAP R/3」に蓄積されたデータを分析するシステムのお試し版「BWスターター」を提供開始した。

[ITmedia]

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は6月7日、システム構築サービス「BWスターター」の提供開始を発表した。

 BWスターターは、「SAP R/3」に蓄積されたデータを分析するシステムのお試し版を提供するもの。少ない投資でデータ分析の効果を確認可能という。

 正規のデータ分析システム構築を行う場合、一般的に1億円程度の投資と6〜12カ月の期間を必要とするが、このお試し版であれば、費用は通常の5分の1程度にあたる1800万円(税込み)から、期間も最短3カ月で構築できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -