ニュース
» 2004年06月17日 16時37分 公開

日本ブロードビジョン、企業向けWebセルフサービス製品の日本語版を販売開始

日本ブロードビジョンは、Webセルフサービス・スィート「BroadVision Process」日本語版を販売する。

[ITmedia]

 日本ブロードビジョンは6月16日、セルフサービス・スィート「BroadVision Process」日本語版を7月27日から販売すると発表した。

 BroadVision Processは、企業の業務プロセスや社内コラボレーションを、Web上のセルフサービスに転換するためのアプリケーション。

 従来は複数の担当者を介していた複雑な業務プロセスも、膨大なコーディングをすることなくクリックだけで設定できるため、システムの設計と導入がわずか数日で可能という。また、オープンソースに対応しており、導入コスト削減できるとしている。

 初年度で15億円の売り上げを目指す。

 また同社は、システムインテグレータを対象に、「BroadVision Process」の導入事例を共有して業界ごとのテンプレート開発や、ターゲット市場におけるセルフサービスWebアプリケーションの迅速な導入サポートを実現することを目的としたパートナープログラム「QuickStart Processパートナ・プログラム」を開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -