ニュース
» 2004年06月21日 15時51分 公開

NECフィールディング、「ウイルス監視サービス」に更新状況監視機能などを追加

NECフィールディングは、「ウイルス監視サービス」でウイルス対策ソフトの更新状況を把握できる監視機能を強化した。

[ITmedia]

 NECフィールディングは6月21日、「ウイルス監視サービス」でウイルス対策ソフトの更新状況を把握できる監視機能を強化したと発表した。

 同サービスはこれまで、企業に展開している「McAfee VirusScan Enterprise」がウイルスを検出した場合に電子メールなどで通報してくれるリモート監視機能を提供していた。今回新たに、ウイルス対策ソフトのパターンファイルの更新状況をNECフィールディングの監視センターが定期的に確認、未更新のクライアントやサーバを特定して、システム管理者に知らせることを可能にした。

 また、日本ネットワークアソシエイツ(NAC)のウイルス情報データベースシステムと監視センターをタイムリーに連携させ、顧客システムで検出したウイルスの状況を分析、対処法も併せて迅速に通報できる機能を備えた。

 価格は、ウイルス監視サーバ1台あたり月額2000円、サーバ監視対象機器1台あたり月額300円。6月30日から行われる「Networld+Interop 2004 Tokyo」に出展する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -