ニュース
» 2004年06月21日 21時05分 公開

「OpenOffice.org 1.1.2」が正式リリース

OpenOffice.org日本ユーザー会は、統合オフィスソフト「OpenOffice.org 1.1.2」各国語版を正式リリースした。

[ITmedia]

 OpenOffice.org日本ユーザー会は6月21日、統合オフィスソフト「OpenOffice.org 1.1.2」各国語版(コードネーム:Hakone)が正式リリースしたと発表した。

 OpenOffice.org 1.1.2では、日本語版および英語版に加えて、チェコ語版、デンマーク語版、フランス語版、ドイツ語版、スロバキア語版が完成している。また、これ以外の言語へのローカリゼーションも進行中で、完成次第順次公開する計画という。

 主な新機能は、dBASE形式データベースファイルのサポート強化、対応言語の拡大、XML形式による出力機能強化、FontOOoオートパイロットなど。

 対応OSは、Windows 98/Me/NT4.0/2000/XP、Linux、Solaris、FreeBSD、Mac OS X。

 同ソフトは、オープンソースライセンス(LGPL/SISSL)で配布され、改良/修正/再配布も自由に行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -