ニュース
» 2004年11月04日 23時53分 公開

沖電気、顧客の声をIPテレフォニーで一元管理するソリューションを販売

沖電気工業は、顧客の声をIPテレフォニーで一元管理する「顧客の声ナビ」ソリューションを販売開始する。

[ITmedia]

 沖電気工業は11月4日、「顧客の声ナビ」ソリューションを開発し、12月から販売すると発表した。

 同ソリューションは、電話や営業店窓口、インターネットなどのチャネルから寄せられる顧客の音声や文字などによる情報を、IPテレフォニーベースで一元管理し、情報の共有化を図るもの。

 たとえば、顧客からの電話を集中センタで一次受付した後、電話を営業店へ転送する場合、電話の転送に加えて、顧客との会話内容や顧客情報も同時に転送できるため、顧客の用件を迅速かつ正確に引き継ぐことができる。また、顧客との会話内容を音声認識技術によって監視し、特定のキーワードを検出することで、コンプライアンスを強化できるという。

 価格は最小構成で980万円から。同社では今後3年間で100セットの販売を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ