ニュース
» 2005年04月05日 18時28分 公開

ネットエイジ、RSSコンテンツマッチ広告を開始

ネットエイジは4日、RSSを利用した広告出稿と配信サービス「RSSコンテンツマッチ広告」をスタートした。

[ITmedia]

 ネットエイジは、RSSを利用した広告出稿、配信サービス「RSSコンテンツマッチ広告」を4月4日より開始した。

 RSSコンテンツマッチ広告は、RSSフィードを広告ネットワーク化して、精度の高いコンテンツマッチ広告を配信するサービス。これまで広告挿入が不可能だったRSSフィードに、簡単に広告を出稿できるようになる。

 従来のコンテンツマッチ広告では、Webページ全体を対象としているために、異なるカテゴリー情報が混在するページに適切な広告を表示するには技術的な問題が存在していた。これに対して、今回提供されるRSSコンテンツマッチ広告は、記事ごとのRSSフィード(エントリーごとのBlog記事、ニュースの記事など)を対象としている。その上、独自の日本語解析システムで分析して、内容に最もマッチした広告を配信するために、従来のバナー広告と比較しても精度の高いコンテンツマッチ広告を配信できるという。これにより、個人Blogユーザーやニュースサイトなどには、これまで広告媒体の対象外だったRSSフィールドを、一般のWebサイトより効果の高い広告媒体とすることが可能となる。広告出稿企業側にも、従来のWebサイトと比較して効果的な広告展開が可能になるというメリットもある。

 RSS広告は、広告出稿管理画面から、出稿したいキーワードや広告本文、出稿単価などを設定するだけで、出稿が完了する。成果レポートなども、Web上から確認可能だ。

 広告の収益に関しては、RSS出力元となるニュースサイトやASP事業者、個人Blogユーザーなどのメディア側とネットエイジとで利益を配分する仕組みになっている。広告掲載比率をメディア側で調整可能。ネットエイジは、2005年12月までに、本サービスを「RSS広告メディアネットワーク」として、50社以上のニュースサイトおよびASP事業者の導入を見込んでいるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -