ニュース
» 2005年04月06日 23時39分 公開

日本コンピュウェア、Windowsデバイスドライバ統合開発支援ツールを発売

日本コンピュウェアは、Windowsデバイスドライバ統合開発支援ツール「DriverStudio 3.1」日本語版を発売した。

[ITmedia]

 日本コンピュウェアは4月6日、Windowsデバイスドライバ統合開発支援ツール「DriverStudio 3.1」日本語版の販売開始したと発表した。

 DriverStudio 3.1では、Microsoft DDKとの完全な互換性を維持しながら、Visual Studio .NET 2003/2002およびVisual Studio 6との統合を実現したのが特徴。

 また、Visual Studio .NETの統合開発環境から直接コンパイルやリンクを行なえることで、ドライバおよびアプリケーション開発環境の一元化を可能とし、デバイスドライバ開発の期間短縮や効率化、品質向上が図れるという。

 このほか、ドライバ生成ウィザード「DriverWizard」において、新たにC言語をサポートした。

 価格は、1ネームドユーザーあたり44万円。

 同社はまた、開発およびデバッグ支援の中核となるツールで構成された低価格セット「SoftICE Driver Suite 3.1」日本語版の販売開始も同時に発表した。価格は1ネームドユーザーあたり28万円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -