ニュース
» 2005年04月13日 20時45分 公開

NEC、64ビットXeon MP搭載4ウェイサーバを販売開始

NECは、高さ4Uのラックマウントサーバ「Express5800/140Rd-4」およびタワーサーバ「Express5800/140He」を発表した。

[ITmedia]

 日本電気(NEC)は4月12日、IAサーバ「Express5800/100シリーズ」の新製品として、4Uラックサーバ「Express5800/140Rd-4」およびタワーサーバ「Express5800/140He」を製品化し、販売活動を開始したと発表した。

 Express5800/140Rd-4とExpress5800/140Heは、いずれもCPUに64ビットXeon MPを最大4個搭載可能なモデル。

 ケーブルレス高可用設計の筐体を採用することで、現行機種に比べCPUやメモリの交換作業を約30%短縮できるという。また、システム稼動中にメモリ交換可能な「ホットプラグRAIDメモリ」を採用。さらに、HDDや電源、ファン、PCIスロットもホットプラグに対応している。

 OSは、従来の32ビットOSに加え、64ビットOSのWindows Server 2003 x64Editionsやed Hat Enterprise Linux AS 4(EM64T)をサポートする。

 価格は、両モデルともに、Xeon MP/3.16GHzを1個搭載した仕様で135万円(税別)から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -