ニュース
» 2005年04月18日 22時55分 公開

住商情報システム、ITガバナンス支援ツールを発売

住商情報システムは、ITガバナンス支援ツール「ITM Business Suite V2.0」を販売する。

[ITmedia]

 住商情報システムは4月18日、米ITM Software Corporation開発の、ITガバナンス支援ツール「ITM Business Suite V2.0(日本語版)」を4月25日から販売すると発表した。

 ITM Business Suite V2.0は、ITガバナンスの意思決定で必要とされる包括的な情報を提供する支援ツールの最新版。新モジュールを追加することで機能を強化した。

 製品は、「Foundation」を中心に、ファイナンスリソース管理「Financial Resource Management」、プロジェクトポートフォリオ管理「Project Portfolio Management」、ベンダーリレーションシップ管理 「Vendor Relationship Management」、ガバナンス・コンプライアンス管理「Governance and Compliance Management」、ヒューマンキャピタル管理「Human Capital Management:」の各アプリケーションモジュールから構成される。

 価格は、Foundationと1つのアプリケーションモジュールによる最小構成で2500万円から。別途、年間保守費用が必要。同社では年間10セットの販売を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -