ニュース
» 2005年06月01日 16時45分 公開

RSAセキュリティとインテック、アイディンディティ管理システムを共同開発

RSAセキュリティとインテックは、RSAセキュリティのWebdアクセス管理製品「RSA ClearTrust」とインテックのプロビジョニング製品「MIC」の相互連携を強化した。

[ITmedia]

 RSAセキュリティとインテックは6月1日、RSAセキュリティのWebdアクセス管理製品「RSA ClearTrust」とインテックのプロビジョニング製品「MaxWare Identity Center」(MIC)の相互連携を強化したと発表した。

 役職や部門ごとのアクセス権に基づくアイデンティティ管理をRSA ClearTrustによって可能し、組織変更や人事異動によるユーザー情報の更新作業をMICで自動化する。連携機能として、新たにRSA ClearTrustのログイン認証を使ったMICワークフロー認証機能を追加し、RSA ClearTrustのユーザー/グループなどの追加・削除・変更をMICから一元管理できるようにした。

 両社は、両製品を導入することで、きめ細かなユーザー情報とアクセス権の管理によるセキュリティの向上を図れるだけでなく、運用コストの削減や社内ユーザーの生産性向上といった価値を短期間で生み出せるとしている。

 今後、両製品を組み合わせたアイデンティティ管理システムを両社のユーザーやパートナーに提供していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ