ニュース
» 2005年07月21日 19時13分 公開

HDD内の個人情報を洗い出す「すみずみ君」

バーテックス リンクは、PCのハードディスク内から個人情報を含んだ文書ファイルを検出する「すみずみ君」とその管理ソフト「すみずみ君SV」の販売を開始した。

[ITmedia]

 バーテックス リンクは7月21日より、PCのハードディスク内から個人情報を含んだ文書ファイルを検出する「すみずみ君」とその管理ソフト「すみずみ君SV」の販売を開始した。

 個人情報漏えい対策に当たっては、どこに、どのような個人情報がどのくらい保存されているかを洗い出して把握することが前提となる。すみずみ君とすみずみ君SVは、そうした洗い出し作業を支援するツールで、三菱スペース・ソフトウエアが開発したもの。個人情報の洗い出し作業をユーザーの自己申告に任せるのではなく、ツールによって自動化することでミスや漏れを防ぐ。

 三菱スペース・ソフトウエアが独自に開発した「個人情報(名簿)検出アルゴリズム」により、個人名や電話番号、メールアドレスといった個人の特定につながる情報が含まれる文書ファイルを高速に検出できる点が特徴だ。また、ウイルス対策ソフトと同等の感覚で簡単に利用できる点もポイントという。

 製品価格は、すみずみ君が50ライセンスで15万7500円。各クライアントにおける検出条件の設定や結果のアップロード、集中管理機能を備えたすみずみ君SVは31万5000円。バーテックス リンクでは初年度10万ライセンスの販売を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -