ニュース
» 2005年08月09日 19時48分 公開

デル、Pentium D対応のエントリサーバ2機種を発売

デルは、インテルのデュアルコアプロセッサ「Pentium D」に対応した中小企業/ワークグループ向けのエントリサーバ、2機種を発表した。

[ITmedia]

 デルは8月8日、インテルのデュアルコアプロセッサ「Pentium D」に対応した中小企業/ワークグループ向けのエントリサーバ、2機種を発表し、販売を開始した。

 「PowerEdge 830」はPowerEdge 800の後継機種に当たるタワー型サーバ、「PowerEdge 850」は同750の後継機種となる1Uサイズの薄型ラックマウント型サーバ。いずれもチップセットにインテル E7230を搭載し、プロセッサはCeleron D、Pentium 4のほかデュアルコアのPentium Dの中から選択できる。

 同社のシステム管理ツール「Dell OpenManage」によるモニタリングやRAID構成/管理、Intelligent Platform Management Interface(IPMI)1.5対応の運用管理が可能。またオプションの「DRAC4/P」を組み合わせれば、リモートからのモニタリング、管理も行える。

 価格は構成によって異なるが、PowerEdge 830が6万3315円から、PowerEdge 850は10万7415円から。ファイル/プリンタ共有サーバやワークグループサーバ、インターネットゲートウェイサーバなど幅広い用途向けに提供していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ