速報
» 2005年09月13日 07時29分 公開

salesforce.com、オンデマンドアプリ交換サービス「AppExchange」発表

salesforce.comが打ち出した新サービス「AppExchange」は、「iTunesと同様の効果をsalesforceユーザーにもたらすもの」だという。

[ITmedia]

 米salesforce.comは9月12日、サンフランシスコで開催の第3回ユーザー/開発者会議Dreamforce '05で、新しいオンデマンドアプリケーション交換サービス「AppExchange」を発表した。

 企業情報をすべてオンデマンドで管理・共有するというsalesforce.comの構想に基づき、AppExchangeでは同社の顧客同士やパートナー、デベロッパーとの間で各種のアプリケーションを交換できる。

 立ち上げ当初で70の新しいオンデマンドアプリケーションを提供、これによってsalesforce.comのオンデマンドCRMアプリケーションポートフォリオが大幅に拡大されるほか、会計、電子署名、文書管理、プロジェクト管理、人事といった新分野のアプリも提供するとしている。

 AppExchangeサービスは即日プレビューが開始され、同サービス利用やアプリケーション試用は無料。パートナー企業が提供するアプリケーションは一般的には有料となり、salesforce.comの認定アプリは無料となる。パートナーによるアプリケーション販売のコミッションは徴収しない。

 同社会長兼CEOのマーク・ベニオフ氏は基調講演で、iTunesが多様な音楽の提供によってiPodの可能性に火をつけたことを引き合いに出し、AppExchangeは世界の顧客、パートナー、ISV、デベロッパー間でオンデマンドエンタープライズアプリケーションを交換できる場を創設することで、iTunesと同様の効果をsalesforceユーザーにもたらすものだと説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -