ニュース
» 2005年09月13日 18時01分 公開

クアンタム、中小企業向けに50万円を切るオートローダの新製品

日本クアンタムストレージは、中堅/中小企業をターゲットとしたオートローダの新製品「SuperLoader 3」の販売を開始した。

[ITmedia]

 日本クアンタムストレージは9月13日、中堅/中小企業をターゲットとしたオートローダの新製品「SuperLoader 3」を発表した。

 SuperLoader 3は、2Uサイズのラックマウント型オートローダ製品。1台のテープドライブと最大2台のマガジンを搭載でき、テープカートリッジは最大で16巻収納可能だ。

 DLT VS160のほか、LTO-2ハーフハイト、SDLT600の各方式に対応しており、2005年第4四半期にはLTO-3もサポートする計画だ。SDLT600搭載/非圧縮時の最大記憶容量は4.8TB、最大転送速度は毎時129.6GBとなる。いずれも、2002年に発表された第一世代のSuperLoaderに比べて2倍以上の数値だ。

 本体には、バックアップ用のソフトウェアとして「VERITAS Backup Exec 10 QuickStart」が付属するほか、Webベースのリモート管理機能、取り付けキットなどが付属する。市場推定価格は、DLT VS160モデルで50万円以下となる見込みだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -