ニュース
» 2005年09月26日 00時00分 公開

IFS、アプリケーションをWebSphere Portalと連携

IFSは「IFS Applications 7」において新たに、IBM WebSphere Portalと連携する機能を追加することを明らかにした。

[ITmedia]

 スウェーデンのパッケージベンダーであるIFSは9月21日、スウェーデンのイエテボリで開催している年次カンファレンス「IFS World Conference 2005」で発表した新製品「IFS Applications 7」において新たに、IBM WebSphere Portalと連携する機能が追加されたことを明らかにした。

 この連携により、既存バージョンでも利用可能だったIFSのパーソナルポータル機能が強化され、より拡張性の高いポータルサイトを構築できるようになる。

 ユーザー企業は、WebSphere PortalベースでIFS Applicationsを運用することで、IFS Applicationsの特定プロセス向けのポートレットと、WebSphere Portal Catalogからダウンロードできる600種類以上のポートレットを組み合わせてポータルサイトを構築することができるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -