ニュース
» 2005年10月11日 21時43分 公開

Ajax用いたWebアプリケーション開発ツール、HOWSが提供へ

HOWSは10月11日、Ajaxを用いたWebアプリケーション開発ツール「AjaxBuilder」(開発コードネーム)を発表した。

[ITmedia]

 HOWS(ハウズ)は10月11日、Ajaxを用いたWebアプリケーション開発ツール「AjaxBuilder」(開発コードネーム)を発表した。

 Ajax(Asynchronous JavaScript+XML)とは、名称のとおりJavaScriptとXML通信(XMLHttpRequest)を組み合わせてWebアプリケーションを構築する技法のこと。サーバ側に手を加えることなく、柔軟かつ動的なユーザーインタフェースを生成できる点が特徴で、「Google Maps」などでも採用されている。

 HOWSのAjaxBuildはこのAjaxを用いたツールで、サーバとの非同期通信機能を有効活用し、表現力豊かなユーザーインタフェースを動的に生成できる。たとえば、ページ全体を再表示させることなく画面の一部やデータの更新を行うようなWebアプリケーションを容易に構築できるほか、プラグインを追加することなくスライドショーや動画などを描画することも可能という。また、機能ごとの追加、拡張も容易ということだ。

 HOWSはまず11月より、地図検索サービスを提供する企業を中心に、「AjaxBuilder」およびカスタマイズ/ソリューション提供を開始する。また、製品への組み込みやOEM販売も展開するほか、年内に個人向けに簡易版の「AjaxBuilder Lite」のダウンロード販売を開始する計画だ。

 同社では今後1年間で、企業向けに10件の受注、2億円の売り上げを目指すという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -