ニュース
» 2005年10月17日 16時22分 公開

NECが文書閲覧システムをバージョンアップ、情報漏えい対策を強化

NECは、ユーザーやグループごとに文書の閲覧や更新、追加などの権限を設定できるようになった文書閲覧システム「DocumentSkipper」の新バージョンを発表した。

[ITmedia]

 NECは10月17日、文書閲覧システム「DocumentSkipper」の新バージョンを発表した。

 DocumentSkipperは、新聞やマニュアル、カタログなどさまざまな紙文書や電子文書をJPEG200形式に変換し、高速に閲覧できるようにするソフトウェア。独自の高速画像配信技術を用いることで、ファイルサイズの大きなドキュメントや写真などをスムーズに表示できる点が特徴という。

 新バージョンのDocumentSkipper Ver3.0では、情報漏えい対策として、ユーザーやグループ単位で文書の閲覧、削除、更新、追加などの権限を設定できるようになった。これまでも印刷を制限することが可能だったが、よりきめ細かな管理、コントロールを行えるようになる。

 また、既存の文書管理ソフトで管理されている文書や画像のデータをJPEG2000形式に変換し、DocumentSkipperに自動的に登録できるようにする開発ツール「DocumentSkipperコネクタキット Ver3.0」が提供される。NECはさらに、このツールを用いて、同社の「StarOffice21」やNEC情報システムズの「PROCENTER」、EMCの「Documentumファミリ」とDocumentSkipperの連携機能を開発するという。

 DocumentSkipper Ver3.0は、文書データを登録するサーバとInternet Explorer用のプラグイン、画像データをJPEG2000形式に変換するデータビルダから構成されており、価格は30万円から。NECでは今後2年間で200システムの販売を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -