ニュース
» 2005年10月25日 19時01分 公開

業種別テンプレートの活用で迅速にコンタクトセンター構築、NEC

NECは、最短2カ月で中小規模コンタクトセンターシステムの構築を行う「業種向けコンタクトセンターソリューション」の提供を開始した。

[ITmedia]

 NECは10月25日、最短で2カ月という短期間でコンタクトセンターシステムの構築を行う「業種向けコンタクトセンターソリューション」の提供を開始した。

 業種向けコンタクトセンターソリューションは、50席以下の中小規模のコンタクトセンターを対象としたサービス。同社が提供するCRM製品群「UNIVERGE CRMソリューション」の一メニューとして提供される。

 NECネクサソリューションズのCRMソフトウェア「BusinessView」とNECのCTIミドルウェア「CCBASE」を中核に、IAサーバの「Express5800」やIP-PBX「UNIVERGE APEX3600i」を組み合わせ、さらにシステムインテグレーションサービスを組み合わせ、動作検証を済ませたうえで提供していく。

 特徴は、BusinessViewに業界固有の項目を加えた業種別テンプレートを付加していること。第一弾として、賞味期限やロット番号、回収数量などの管理項目を備えた「食品業向けテンプレート」、特定医療機関の担当MR(医薬情報担当者)の検索機能、医療機関やドクター、剤形などの管理項目を備えた「医薬業向けテンプレート」の2つが提供される。2005年度内には、自治体や保守サービス業向けのテンプレートも提供する予定だ。

 NECは一連の製品群とテンプレート、サービスを組み合わせることにより、従来に比べコストを最大で3分の1にまで削減できるほか、システム構築期間を最短2カ月に短縮できるとしている。価格は、オペレータ20席の場合で2500万円からとなっており、今後3年間で200システムの販売を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -