ニュース
» 2006年01月16日 21時21分 公開

企業向けデスクトップサーチを投入するMSの狙い

マイクロソフトは1月17日より、グループポリシーへの対応などを図った「企業向けWindowsデスクトップサーチ」と「企業向けMSNサーチツールバー」を無償で公開する。

[垣内郁栄,@IT]

 マイクロソフトは「企業向けWindowsデスクトップサーチ」と、「企業向けMSNサーチツールバー」を1月17日に無償で公開する。2005年6月に公開した両ソフトウェアのコンシューマ版と検索の機能はほぼ同じだが、グループポリシーへの対応、「System Management Server」を使った配布など企業利用での管理性を高めたのが特徴だ。

伊集院氏 マイクロソフトMSN事業部サービス部、インフォメーションサービスグループサーチチームプランナーの伊集院絹子氏

 デスクトップサーチはWindowsタスクバーの検索窓からPCのハードディスク内を検索できるツール。PC内のデータをあらかじめインデックス化して検索するので、高速に探し出すことができるという。イントラネット内や「Exchange Server」「SharePoint Portal Server」「SharePoint Services」のデータも検索できる。検索対象のファイルは200種類以上。アドインの追加で検索対象のファイルは増やすことが可能だ。

 ツールバーはInternet Explorerのインタフェース内からWebサイトやハードディスク、イントラネットなどを検索できるツール。検索機能はコンシューマー版とほぼ同じだが、ベータ機能としてMicrosoft Outlookのインタフェースにも検索窓、検索結果ウィンドウを表示できるようにした。

 デスクトップサーチ、ツールバーともSystem Management Serverに対応し、「導入する組織のポリシーに応じて管理できるようにした」(マイクロソフトのMSN事業部サービス部インフォメーションサービスグループ、サーチチームプランナーの伊集院絹子氏)という。インデックス化する範囲やプレビューの許可などユーザーごとのカスタマイズも、グループポリシーを通じて可能。イントラネットの検索設定なども管理者が一元的に管理できる。

 また、PC利用中のインデックス作成の停止や、差分インデックスの機能を搭載し、「サーバやPCの動作が重くなる心配はない」(伊集院氏)という。インデックスファイルはクライアントPC側に保存する。

 デスクトップサーチ、ツールバーはAPIを公開していて、検索結果をほかの業務アプリケーションに渡すなどの連携も可能だ。ハードディスク内の検索ツールとしては米グーグルの「Google Desktop Search」もあるが、マイクロソフトは企業利用での管理性の高さをアピールする狙いだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -