ニュース
» 2006年01月26日 15時35分 公開

大塚商会とアッカ・ネットワークス、低価格な広域イーサネットサービスを共同開発

大塚商会とアッカ・ネットワークスは、WAN構築のトータルソリューションとなる広域イーサネットサービスを3月1日から提供する。

[ITmedia]

 大塚商会とアッカ・ネットワークスは、事業所間ネットワークインフラ(WAN)を構築する広域イーサネットサービス、「O-CNET イーサVPN」の提供を3月1日より開始する。

 本サービスは、アクセス回線にアッカのブロードバンドを利用してインフラ整備のサポートを行い、大塚商会が用途に則した独自の構成でネットワークを構築、運用し、保守サービスを提供する。専用線並みの信頼性とセキュリティ、保守レベルを実現したブロードバンドネットワークを低価格で提供するという。

 セキュリティの高い閉域網による帯域保証型サービスで、アクセス回線はADSLもしくは光回線を選択可能。アクセス回線・中継網・通信機器の手配からトラブル時の対応も含め大塚商会がワンストップで対応する。価格はADSL/12M(128kbps帯域保証付き)で37,500円〜(1拠点あたり)などとなっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -