速報
» 2006年04月20日 08時09分 公開

エネルギー利用削減を目指すGreen Grid結成

AMD、HP、Sun、IBMが創設スポンサーとなって、データセンターの消費電力削減を目指す非営利組織を結成した。

[ITmedia]

 米AMD、Hewlett-Packard(HP)、Sun Microsystems、IBMの4社が4月19日、データセンターの消費電力削減を目指す非営利組織「Green Grid」の結成を発表した。

 Green Gridは4社が創設スポンサーとなり、エネルギー利用削減を目指してデータセンター運用および建設、設計のベストプラクティス定義と普及に当たる。データセンターのエネルギー管理に関する情報を会員間で共有し、ほかの組織と連携してエネルギー関連の新しい業界標準と評価指標を特定する。

 データセンター管理者やIT担当幹部など、エネルギー消費問題に関心のあるIT業界の専門家なら誰でも参加可能。また、創設会員としてISV、IHV、システムインテグレーター、公益企業などの参加を募っている。Green Gridのサイトで会員登録可能。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ