ニュース
» 2006年04月26日 17時41分 公開

Microsoft、新たな管理ソフトを披露

Microsoftは「Dynamic Systems Initiative」戦略の下で提供される新製品「Systems Center Service Desk」について説明した。

[Paula Musich,eWEEK]
eWEEK

 米Microsoftのボブ・マグリア氏はMicrosoft Management Summitの基調講演で、「Dynamic Systems Initiative(DSI)」の新たな展開について説明した。

 同社は新製品「Systems Center Service Desk」で、管理ソフトのSystems Centerシリーズを拡大するべく取り組んでいる。この製品はWindows環境のITサービス管理を簡素化するためのものだ。

 この新製品は、「IT部門向けにERPシステムを提供するためのもの。すべてのプロセスを保持して、制御ロジックを結合力のあるものに変える」とマグリア氏。

 この製品は、「IT Infrastructure Library」ガイドラインに基づき、Microsoftが「Microsoft Operations Framework」の一部として盛り込んでいる規範を組み込んでいる。

 「これはほかのSystems Center製品と深く統合され、異種混在環境にまで広がる」(同氏)

 この製品には、ユーザー向けポータルも含まれる。IT管理者はこのポータルを使って、解決中の問題についてのステータス情報を掲示できる。

 サービスデスクが対応する電話を減らすことが目的だ。

 マグリア氏はプレゼンテーションの中で、Microsoftが「Carmine」というコードネームで進めている新しい仮想化マネージャも少し披露した。

 Carmineは仮想環境でソフトウェアイメージを管理する機能を提供する。これはまだβテストに入っていない。

 「仮想イメージの管理には複数のレベルがある。Carmineがこれにどこまで対応するかは分からない」とPtak, Noel & Associatesの業界アナリスト、リッチ・プタック氏は語る。

 「イメージの管理は始まりにすぎない。プロビジョニング、つまりどのくらいの作業を各イメージに割り当てるかも考えなくてはならない」(同氏)

 プタック氏とアナリストのピーター・クリスティ氏は、仮想化が最終的にコモディティになるという点と、市場リーダーであるEMC傘下のVMwareが持つタイミングのアドバンテージは続かないかもしれないという点で意見が一致している。

 「利益が得られるのは優れた環境管理の分野だ。VMwareがこの分野に到達したときには、かなりの事業を得ているだろう」とNetsEdge Researchの主席アナリストのクリスティ氏は言う。

 MicrosoftのHypervisor仮想化技術は、2007年後半のWindows Longhornリリースに搭載される見込みだ。

 マグリア氏は、「Windows PowerShell」と呼ばれるMonadスクリプティング環境への取り組みも強調した。これは2006年内にリリースされる。

 これはスクリプティングを自動化し、管理者が「強力なスクリプトを高度な方法で実行」できるようにすると同氏。

 オブジェクト指向スクリプティング言語であるPowerShellは、管理者が容易に複数のスクリプトをリンクさせて、1つの機能を実行できるようにする。

 Exchange 2007と新版Microsoft Operations Manager(MOM)が、これを採用する第一弾の製品となる。

 Microsoftの有名なSystems Management Server(SMS)とMOMのブランドは、「Systems Center Umbrella」の下で製品名により一貫性を持たせるために変更される。

 2007年のリリースでSMSは「System Center Configuration Manager」に、MOMは「Systems Center Operations Manager」に改称される。

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

注目のテーマ