ニュース
» 2006年05月23日 07時00分 公開

進化する!データベーステクノロジー:Oracle DB 10g R2のセキュリティは本当に向上したのか? (5/5)

[ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

小規模システム向けパッケージも用意

 中小規模の企業にとっては、Oracle Databaseはコスト面で敷居が高いという印象がある。しかし実際には、さまざまなエディションのパッケージが用意されている。例えば、「Standard Edition One」は、クラスタ機能を除く基本機能を10万円以下で導入できるパッケージだ。

 一般的な業務アプリケーションのデータベースには、最大4CPUのクラスタ環境でReal Application Clusters機能によるクラスタ構成を可能とし、低コストで高い可用性を提供する「Standard Edition」がお勧めになる。さらに、大規模システム向けには、クラスタシステムの構築、データベース管理の自動化に対応し、OLTPやBIを含むあらゆる処理をグリッド環境で実現する「Enterprise Edition」が用意されている。

 このように、Oracle Database 10g R2は小規模から大規模まで規模に合わせて導入できるようにパッケージが用意されており、コスト面で敷居が高いということはないだろう。

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright© 2010 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -