ニュース
» 2006年06月15日 16時27分 公開

アビームとオープンテキストが協業、文書管理機能を組み入れ内部統制支援

アビーム コンサルティングとオープンテキストは、日本版SOX法に対応した企業向けの内部統制支援サービスの提供に関して協業する。

[ITmedia]

 アビーム コンサルティングとオープンテキストは6月15日、日本版SOX法に対応した企業向けの内部統制支援サービスの提供に関し、協業することを発表した。

 アビーム コンサルティングでは、米国や日本での内部統制プロジェクトのノウハウを元に、独自の方法論「ABeam ICMS Framework」を作成し、提供してきた。このフレームワークには診断チェックリストや各種マニュアルなども含まれている。一方オープンテキストでは、ワークフローによるプロセス管理や全文検索、監査ログ管理といった機能を備えた文書/コンテンツ管理製品「Livelink」を提供してきた。

 今回の協業では、ABeam ICMS FrameworkとオープンテキストのLivelinkを組み合わせた「ICMS on Livelink」を共同で開発し、提供していく。

 ICMS on Livelinkには、Livelinkの基本機能や内部統制のための文書化作業、社内評価のテスト作業を効率化する機能などが組み入れられており、内部統制システムの構築だけでなく、その継続的な運用、評価までを支援する。内部統制構築に当たっては、大量に発生する文書の管理が課題の1つとされるが、こうした作業を効率化し、文書を適切に管理できるよう支援していく。

 両社はさらに、質問書やリスクコントロール・マトリクスといった文書化テンプレートの代表例を組み込んだデモンストレーション環境を構築するなど、ICMS on Livelinkに関するマーケティング活動も共同で展開。今後2年間で約20社への展開を見込んでいる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -