ニュース
» 2006年02月07日 16時44分 公開

アビームと日本オラクル、日本版SOX法対応の内部統制構築支援で協業

アビームコンサルティングと日本オラクルは、双方の製品を組み合わせ、日本版SOX法に対応した内部統制の構築支援サービスを共同で提供する。

[ITmedia]

 アビームコンサルティングと日本オラクルは2月7日、2008年3月期にも実施が見込まれる日本版SOX法に対応した内部統制の構築支援サービスを共同で提供することを発表した。

 アビームコンサルティングは1月に、外部コンサルタントに頼ることなく、企業が自力で自ら内部統制の仕組みを構築、整備するための構築キットとして「ABeam ICMS Solution Pack」を発表している。一方日本オラクルでは、内部統制管理ツールとして「Oracle Internal Controls Manager」(Oracle ICM)を提供してきた。

 今回の協業では、アビームコンサルティングが、日本版SOX法に対応するOracle ICM導入用の業種別テンプレートを開発。そのテンプレートを構築キットに組み入れ、「ABeam ICMS Solution Pack for Oracle」として提供する。要望に応じて、Oracle ICM、もしくはOracle ICM用業種別テンプレートのみの提供にも対応するという。

 また、「Oracle E-Business Suite」を既に導入しているユーザーの場合、Oracle ICMを導入することで、マスターを共有できるほか、IT内部統制にかかわる変更管理や権限管理にも活用できる点がメリットとなる。

 両社はABeam ICMS Solution Pack for Oracleによって、内部統制構築の負荷を軽減するとともに、構築後の評価、改善作業も効率化できるとしている。専任の会計士やコンサルタントを持たない企業や中小企業向けに、効率的に、またリーズナブルなコストで内部統制の構築、整備を行う支援ツールとして提供していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ