ニュース
» 2006年07月19日 00時00分 公開

トヨタ自動車、64ビット版Windows XP上でPLM

マイクロソフトとダッソー・システムズはトヨタ自動車がMicrosoft Windows XP Professional x64 Editionに対応したCATIA V5を採用したことを明らかにした。

[ITmedia]

 マイクロソフトとフランスのDassault Systemesの日本法人であるダッソー・システムズは7月18日、都内で開催された「2006 JCF」において、トヨタ自動車がMicrosoft Windows XP Professional x64 Editionに対応したCATIA V5(ダッソー・システムズのバーチャル製品設計PLMソリューション)を採用したことを明らかにした。

 トヨタ自動車がマイクロソフトのプラットフォームに対応したCATIA V5を採用したことについてダッソー・システムズは、同社とマイクロソフト間の戦略的グローバル・アライアンスが、顧客企業に価値を提供することを実証するものとしている。

 2004年11月に発表された両社の提携により、ダッソーのV5 PLMと3DコラボレーティブソリューションとWindowsクライアントおよびWindows Serverプラットフォーム間の連携がより強固になった。それにより、コスト効率が向上し、導入、メンテナンスが容易になり、顧客企業に対してよりフレキシブルなソリューションを提供できるようになったとしている。

 トヨタ自動車は、自動車の設計、生産プロセスの中で、詳細かつ複雑な製品設計を支える膨大なデータを必要としている。そのため、大容量の製品モデル、データの正確で迅速な作成およびレビューを行える環境が求められた。5月に技術、生技部門に64ビットCATIA V5 R16が初めて導入され、今後は順次展開を拡大する予定となっている。

また、64ビット環境を導入した結果として、大容量のアッセンブリーデータを扱うことも可能になった。さらに、ダッソー・システムズとマイクロソフトの提携により、32ビットVBAマクロが64ビット環境でも稼働することが保証される仕組みが提供され、いままでの資産を有効に利用できるようになったことも併せて明らかにしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -