ニュース
» 2006年07月26日 17時16分 公開

マイクロソフト、Exchange Server 2007 日本語版β2をダウンロードで提供開始

マイクロソフトは、Exchange Server 2007 日本語版β2のダウンロード提供を7月26日から開始した。

[ITmedia]

 マイクロソフトは、Exchange Serverの次期バージョンであるMicrosoft Exchange Server 2007 日本語版β2のダウンロード提供を7月26日から開始した。DVDによるキット(1575円)も8月上旬から申し込みを受け付ける。

 同時に、同社のTechNet ベータセントラルでは、Exchange Server 2007に関する技術情報やe-ラーニングなどの評価用の技術資料が公開された。

 Exchange Server 2007は、生産性の向上とセキュリティや運用管理性の強化が図られたメッセージングサーバソフト。マイクロソフトはこのβ2で、国内で約1万人からの評価を見込む。なお、製品は2006年中の開発完了が予定されている。

 さらに、先着2007名にDVDキットを無償でプレゼントするキャンペーンも行われる。詳細はTechNet ベータセントラルにて。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -