レビュー
» 2006年11月01日 14時00分 公開

ホワイトペーパー:仮想化ソフトウェアの性能比較検証リポート

仮想サーバを導入して複数のサーバ環境を仮想化すれば、導入・運用コストを低減できる。ここでは、定評ある仮想化ソフトウェアの性能比較検証リポートを紹介する。

[ITmedia]

 仮想化技術を適用すれば、複数のサーバを一つの仮想マシンに統合して物理サーバを統合したり、一台のサーバで複数の仮想マシンを稼働させることが可能になる。例えば、Windows Server 2003とレガシーOSのWindows NT Serverを共存させることができる。これが可能になれば、更新予定のないレガシーアプリケーションのために使っている古いマシンをサーバルームに置いておく必要はなくなる。

 以前からWindowsとLinuxを共存させるためにコンシューマ向け仮想化ソフトウェアとして「VMware Workstation」が使われてきた。エンタープライズ向けの仮想化ソフトウェアとしては「VMware ESX Server」がお勧めだ。高性能サーバで稼働させれば、スループットを低下させることなく業務アプリケーションを実行できる。

 ここでは、デルのサーバ「PowerEdgeシリーズ」を使った、仮想化ソフトウェアの性能比較検証リポートを紹介する。その結果、最新のPowerEdgeでは、旧世代のPowerEdge 1850と比較して最大2.2倍の性能向上を達成することがわかった。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -