ニュース
» 2006年11月13日 21時37分 公開

メトロジー、内部統制構築ツールセットをASP形式で提供

メトロジーは、金融庁実施基準案に基いた内部統制構築のための支援ツールを発売する。

[ITmedia]

 メトロジーは、日本版SOX法の金融庁実施基準案に基づく内部統制構築に必要な機能とテンプレートを備えた「内部統制構築ソリューション・ツールセット」を、2006年12月上旬に発売する。

 同ツールセットは、「内部統制診断サービス」と「MAXIM・マキシム+標準テンプレート」で構成され、内部統制構築に必要とされる機能を網羅したもの。内部統制構築のプロセスを効率化し、構築や運用のコスト削減が図れるという。

 内部統制診断サービスは、全社的な内部統制における基本的な枠組みの理解を支援する。約100項目の質問に答えることで、システムが診断を行い、内部統制構築の不備を把握できる。質問には統制の具体例が付属しており、内部統制の基本的な枠組みを具体的に実現するためのガイドとして利用できるという。

 MAXIMは、内部統制構築に要求される整備や運用、不備の改善や評価サイクル、また経営者による内部統制評価の根拠になるレポート機能や内部統制構築状況の進捗管理などの機能を備えた支援ツール。標準テンプレートは、全社的な内部統制から業務処理統制、IT統制の整備を目的としたコンテンツで、これを活用することで作業工数を削減でき、整備状況を確認するためのチェックリストとしても利用できる。

 いずれもASP形式で提供され、価格は内部統制診断サービスが10万円(税別)、MAXIM・マキシム+標準テンプレートは100ユーザーでの年間利用料が250万円(税別)となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -