特集
» 2006年11月20日 15時00分 公開

Leverage OSS:クラスタ用のライブCD、ParallelKnoppix入門 (1/2)

ParallelKnoppixは、HPCクラスタの構築用に作られた変更版のKnoppixライブCDである。Knoppixの便利さはそのままに、非常に簡単にクラスタが構築できる。

[Christoper-Negus,Open Tech Press]
SourceForge.JP Magazine

 ParallelKnoppix(以下PK)は、HPCクラスタの構築用に作られた変更版のKnoppixライブCDである。PKを複数ノードで起動してクラスタを運用することや、PKをカスタマイズしてアプリケーションを追加または削除することができる。

この記事は、最近出版された「Linux Live CDs」からの抜粋である。

 PKを起動するには、CDをドライブに入れた状態でコンピュータを起動する。起動画面で、カーネルの起動オプションを指定する必要がなければ、そのままEnterキーを押す。例えば、PK(やそのほかのライブCD)が正常に起動しない場合に、引数acpi=noを指定するとうまくいくことがある。

 PKを使ってmemtestを実行し、システムメモリを検査することもできる。明確な理由もなくプログラムがクラッシュするなど、マシンで原因不明の問題が起きている場合は、この方法を試してみるとよい。

 起動したParallelKnoppixの画面には、メニューバーが見当たらないことに気づくだろう。実は、ParallelKnoppixにはタスクバーがあるが、隠れた状態になっている。マウスを画面の下端に移動するとタスクバーが現れる。わたしと同様にこの動作が気に入らない人は、タスクバーを右クリックし、[Configure Panel]を選択しよう。すると[Configure - KDE Panel]ダイアログボックスが開いて、左側に[Hiding]という項目が表示される。それをクリックし、[Hide Mode]の下の[Hide Automatically]の選択を解除すればよい。

 ParallelKnoppixは、DHCPを通じてIPアドレスを取得するようになっている。ネットワーク上でDHCPを実行していない場合は、ターミナルを開き、su -コマンドを使ってrootになる。デフォルトでは、rootのパスワードは設定されていない。そして、次のコマンドを実行してIPアドレスを設定する。

# ifconfig eth0 10.0.0.10 netmask 255.0.0.0 gw 10.0.0.1


 もちろん、値は各自のネットワーク環境に合わせて変えてほしい。

スワップ領域の設定

 PKをLinuxマシンで起動した場合は、そのマシンですでに設定されているスワップパーティーションが検出され、使用される。しかし、 Windowsを使っている場合は、PKで使用できるスワップファイルが存在しないので、作成する必要がある。システムにFATファイルシステムがあれば、そのファイルシステムをマウントし、ddコマンドを使ってスワップファイルを作成できる。例えば、/media/hda1にあるFATパーティーションにswapfile.swpというスワップファイルを追加するには、次のように入力する。

# dd if=/dev/zero of=/media/hda1/swapfile.swp bs=1024 count=1024k


 これにより、1Gバイトのスワップファイルが作成される。countの値を調整してスワップファイルのサイズを変更する。スワップファイルのサイズは、システムRAMの2倍にするのがだいたいの目安である――少なくとも、1Gバイト以上のRAMが一般的になるまではそうだった。もし1Gバイトを超えるスワップが必要となるような使い方をしているのであれば、おそらくスワップファイルを増やすよりRAMを増やす必要があるだろう。スワップへのアクセスは、RAMへのアクセスよりはるかに低速であることを忘れないでほしい。

 次に、このファイルをスワップとしてフォーマットし、システムにスワップを認識させる必要がある。

# cd /media/hda1

# mkswap swapfile.swp

# swapon swapfile.swp


 これで完了だ。システムをリマスタするときは、/etc/fstabでスワップファイルを永続的に設定するとよいだろう。それには、次のような行を追加する。

/dev/hda1/swapfile.swp none swap sw 0 0≫


 また、マシンをクラスタノードとして定期的に使うつもりなら、GParted live CDなどを使用してWindowsパーティーションを少し縮小し、スワップパーティーションを追加するという方法もある。たいていのマシンにはかなり大容量のディスクが搭載されているので、スワップ用に1GBのパーティーションを割り当てても惜しくはないだろう。それに、PKがスワップを自動的に検出するので、あなたは面倒な手間から解放される――そもそもコンピュータはそのためにあるはずだ。

関連キーワード

Leverage OSS | クラスタ | カスタマイズ | KNOPPIX


       1|2 次のページへ

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -