レビュー
» 2006年12月13日 09時00分 公開

各拠点のアプリケーションパフォーマンスを向上させるホワイトペーパー

アプリケーションのパフォーマンスの悪化は、全国各地に点在する拠点を持つ企業ではしばしば発生する問題だ。ファイル転送の増加によるWAN回線の帯域幅の不足などは、パフォーマンス劣化の最大の原因だ。これを解決するには、どのようなソリューションを選択すべきなのか。

[ITmedia]

 企業で顧客管理、営業管理などを行う場合、システムを中央のサーバで稼働させ、全国の拠点からはWebブラウザの操作画面からそれらのシステムを利用するという形態をとることが多い。このとき、しばしば問題となるのが、反応が返ってくるまでの待ち時間だ。その原因としては、ユーザー数の増加、転送されるファイルサイズの増大などさまざまなものがあるが、一番問題なのはWAN回線の帯域幅の不足だ。

 WAN回線の帯域幅の不足に対応するには、契約しているWAN回線のアップグレードが最善だが、ランニングコストを考えると非常に高くつくことになる。そこで、まず検討したいのが、ネットワークアクセラレーション機能を持つアプライアンスの導入だ。帯域幅の管理、プロトコルの最適化、オブジェクトキャッシングなどの機能を持つアプライアンスを導入すると、ファイル転送効率が何倍にも向上する。

 ここでは、図研ネットウエイブが通信速度を向上させるのに最適なソリューションと、BlueCoat MACH5(マッハ)を利用した実践的な戦略について解説する。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ