ニュース
» 2006年12月13日 19時14分 公開

ストラタス、Vシリーズの新製品を発表

ストラタステクノロジーは、フォールトトレラント専用OS「VOS」を搭載する「ftServer Vシリーズ」の新製品を発表した。

[西尾泰三,ITmedia]

 ストラタステクノロジーは米国時間の12月11日、耐障害性を主眼に据えたフォールトトレラント専用OS「VOS」を搭載する「ftServer Vシリーズ」の新製品を発表した。

 ftServerは、CPU、メモリ、HDD、PCI、イーサネットといったハードウェアを2重化し、障害時には片側のコンポーネントを自動で切り離すことでシステムダウンやデータの損失を回避する無停止型のサーバ。Vシリーズは、VOSを搭載し、設置してすぐ99.999%超のアップタイムを実現できるよう構築された、モジュール式三重化(TMR)のハードウェアアーキテクチャを備え、金融機関の株取引システムやPOSデビットおよびクレジットなど、処理量の大きい多様なアプリケーションを対象に設計されたもの。

 今回発表したのは、ftServer V250/V300/V500の3製品。「ftServer Tシリーズ」と同じハードウエアをベースにVOSに必要な機構を組み込んでいる。2ウェイとなるV500では、デュアルコアのインテル 2.8GHz Xeonプロセッサを採用している。

 フォールトトレラントによるデータ処理に合わせて、冗長化処理部、冷却機構とホットスワップで交換可能な電源ユニットを持つストラタスのストレージ装置「ftScalableストレージ」をサポートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ