ニュース
» 2007年04月19日 17時02分 公開

セイ・テクノロジーズ、Linuxサーバ監視ツール「BOM for Linux Ver.1.3」を発表

[ITmedia]

 セイ・テクノロジーズは4月19日、Linuxサーバ用監視ツール「BOM for Linux Ver.1.3」を5月7日から出荷開始すると発表した。

 「BOM for Windows」と同様、サーバの監視ツールである同製品は、BOM for Windowsの機能に加え、スライドバーによる閾値の調整や週間タイムテーブルによるスケジュール設定など、管理面のブラッシュアップを図ったもの。監視・通報・リカバリーの基本機能は監視対象サーバ側で処理する仕組みを持つ。

 監視設定はテンプレートを管理画面から読み込むことで行い、新しい監視対象用のテンプレートは同社のWebサイトから無償でダウンロードできる。

 なお、現在Windows版のバージョンは4.0、これに対して今回発表されたLinux版は1.3となっている。このため同社では、2007年9月リリース予定の次のバージョンで、Linux/Windowsのバージョンナンバーを併せてバージョン5.0とする予定。また、現時点ではLinux版とWindows版で集中監視コンソールの互換性がないが、これについては互換性を持つバージョン5.0がリリースされた時点で無償アップグレードを提供する予定。

 価格は、5インシデント付きの基本パッケージが12万8000円。サーバ追加ライセンスが10ライセンスで90万円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -