ニュース
» 2007年07月06日 20時11分 公開

大和証券グループが業界最大規模のシンクライアントシステムを導入へ

大和証券グループは、NECと共同で1500台規模のシンクライアントシステムの構築に着手した。

[ITmedia]

 大和証券グループの持ち株会社大和証券グループ本社と事業会社の大和証券、日本電気の3社は7月6日、大和証券グループ本社および大和証券おいて金融業界では国内最大規模のシンクライアントシステム「VirtualPCCenter」の構築に着手したと発表した。

 導入規模は大和証券グループ本社が300台、大和証券が1200台の合計1500台で、大和証券では将来的に全国117カ所の支店も対象に1万台の導入を計画。金融業界のシンクライアント導入としては国内最大規模となるという。

 システム構成は、シンクラインアント端末の「US100」、仮想PCサーバの「Express5800/120Ri-2」(導入は大和証券グループ本社)および「SIGMABLADE」(同大和証券)、運用管理システムの「WebSAM SigmaSystemCenter」などが中核となり、VMwareの仮想化プラットーフォームも採用する。

 大和証券グループではVirtualPCCenterの導入により、社員のPC環境をサーバで集中管理することによるセキュリティの強化やオフィス移転、社員異動に伴うコストの削減、サーバセンターを免震性やセキュリティを確保した施設で運用することによるBCP(事業継続性計画)強化などの効果が期待できるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ