ニュース
» 2007年07月17日 21時02分 公開

SANSとNRIセキュア、国内で認定セキュリティインストラクターを公募

米SANS InstituteとNRIセキュアテクノロジーズは、SANSの認定トレーニングプログラムを実施するインストラクターを国内で初めて募集する。

[ITmedia]

 米SANS Institute(SANS)とNRIセキュアテクノロジーズは7月17日、SANSのセキュリティ認定トレーニングプログラムを実施するインストラクターの公募を国内で開始した。

 SANS Instituteは、政府や企業/団体のITセキュリティ教育を目的として1989年に設立された組織。現在、国内においてはSANSとNRIセキュアが情報セキュリティのプロフェッショナルである認定インストラクターを米国から招いてSANSのトレーニングプログラムを実施しており、まだ日本人のインストラクターはいない状況。そこで両社は、国内からのインストラクター輩出を目的に募集をかける。

 今回公募するのは、情報セキュリティに必要なすべての分野をカバーする「SEC401:SANS Security Essentials」コースのインストラクター。

 応募資格として、(1)SANSが実施する認定試験GIAC(Global Information Assurance Certification)を取得、あるいは受験途中であること、(2)情報セキュリティ関連の業務に従事していること、(3)情報セキュリティ関連のトレーニングでの講師経験があること、(4)TOEIC 600点以上の英語力があること、(5)SANS JAPAN事務局(NRIセキュア内)が開催するSANSトレーニングプログラム(国内開催が原則)に参加可能なことをすべて満たしている必要がある。

 応募者は所定の用紙に記入した上で、電子メールか郵便で事務局宛てに送る。応募の期限は2007年8月31日まで。

関連キーワード

資格 | 野村総合研究所


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -