レビュー
» 2007年07月18日 12時24分 公開

ホワイトペーパー:C/C++向け静的解析ツールの運用法

ソフトウェアのわずかなバグですら、機器の動作に大きな影響を及ぼす可能性を持っている。そのため、ソフトウェアの信頼性確保は必須だ。ここでは、高品質なソフトウェア開発に必須の静的解析ツールを紹介する。

[ITmedia]

 ソフトウェアは巨大化・複雑化している。一方で、ソフトウェア品質の維持やコスト削減の要求は年々厳しさを増している。開発プロセスの改善やコスト軽減を行いつつ、高品質なソフトウェアを開発しなければならない。

 そのために有効なのが、静的解析ツールの利用だ。ツールを使ってコーディング規約への適合性や問題個所の確認ができれば、ソースレビュー工数や動作テスト工数を削減することができ、短期間で高品質なプログラム開発を行える。さらに、解析結果をレポートとして出力できれば、レポート作成の時間を省くことが可能だ。

 ここでは、富士通ソフトウェアテクノロジーズが大規模なソフトウェア開発に役立つ、C/C++向け静的解析ツール「PGRelief 2007」の概要と効果的な運用方法を紹介する。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -