ニュース
» 2007年09月19日 22時25分 公開

ヴイエムウェア、デスクトップ仮想化製品の日本語版を発表

ヴイエムウェアは、デスクトップPC向け仮想化ソフトウェアの最新版「VMware Workstation 6 日本語版」を発表した。データなどを一括管理する「VMware ACE 2 Enterprise Edition 日本語版」も同時発売する。

[ITmedia]

 ヴイエムウェアは9月19日、デスクトップPC向け仮想化ソフトウェアの最新版「VMware Workstation 6 日本語版」および「VMware ACE 2 Enterprise Edition 日本語版」を発表した。

 同製品は、デスクトップやノートPC上に仮想環境を提供するソフト。最新版では、1つの仮想マシンを複数のモニタで表示させる、あるいは複数の仮想マシンを個々のマシンごとに複数のモニタで表示する「マルチモニタディスプレイ」機能が搭載された。

 また、USB2.0をサポートし、HDDやUSBを利用する大容量の外部メディアなどの周辺機器を仮想環境で利用できるほか、ゲストOSまたはホストOSとしてWindows Vistaを使用でき、OSのアップグレードや移行ではエンドユーザーの中断を最小限にして最新環境へ変更できる。物理マシンを仮想マシンにクローン生成する機能「Physical-to-Virtual」や、統合開発環境から仮想マシン内部のプログラムを直接、デプロイ、実行、デバッグする「統合型仮想デバッガ」も搭載されている。

 同時に発売される「VMware ACE 2 Enterprise Edition 日本語版」は、データやアプリケーションなどを一元管理するソリューション。最新版では、従来と比べ企業デスクトップ管理の効率化、ポリシー制御の簡素化を実現。さらには、Pocket ACE機能を使用することで、仮想マシンをポータブルデバイスに配置でき、異なるPCに仮想環境を移行することができる。

関連キーワード

VMware | 仮想化


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ