ニュース
» 2007年11月07日 09時54分 公開

BEA、筆頭株主に企業情報を開示

BEAが、著名な「物言う」投資家である筆頭株主のカール・アイカーン氏に、非公開の企業情報を開示。Oracleからの買収提案の拒否が、BEAの株主利益に合致することを示したいとしている。

[ITmedia]

 米BEA Systemsは11月5日、同社の筆頭株主であるカール・アイカーン氏と秘密保持契約(NDA)を締結したと発表した。

 アイカーン氏は、BEAが米Oracleからの買収提案を「当社を不当に低く評価したもの」と拒否したことに疑問を呈し、同社売却の可否についての判断はBEAの株主が行うべきだと主張。BEAが、新株発行や資産売却など、買収側から見た企業価値を下げるための「焦土作戦」を取る前に、株主総会を開くことなどを求めていた。

 NDAを締結したことでBEAは、同社事業に関する非公開の情報をアイカーン氏に開示し、「1株17ドルでの売却案が、当社を著しく低く評価しているということを示す」と同時に、同社が株主の利益に反する「焦土作戦」を取るとの憶測も払拭したいとしている。

 同氏は80年代に大胆な株買占めを行い、「企業乗っ取り屋」の異名を持つ。今年1月にはMotorolaに取締役席を要求したが就任はならなかった。

関連キーワード

BEA | Oracle(オラクル) | 買収


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -