ニュース
» 2007年12月11日 20時40分 公開

キー・ポイント、ショートメールを利用したW-ZERO3ロックソフトを開発

キー・ポイントは、ショートメールを利用してW-ZERO3の操作ロック・データ消去ができるソフトを開発。インターネットに接続しなくても設定できる。

[ITmedia]

 キー・ポイントは12月11日、ショートメールを利用してウィルコム「W-ZERO3」の操作ロック/データ消去ができるソフトウェア「けんじくん」を開発をしたと発表。同日から販売を開始した。

 同ソフトウェアは、ウィルコムのショートメッセージサービス「ライトメール」を利用し、操作ロックとデータ消去を遠隔から設定できる。管理者用のW-ZERO3端末から設定コードが添付されたライトメールを対象端末に送信すると、自動的に設定される。

 一般的な操作ロック/データ消去機能では、端末を紛失した場合に端末管理者がPCからインターネット経由で操作を行う必要がある。同ソフトウェアは、W-ZERO3端末だけで設定ができる手軽がメリットになるが、実際に設定が反映されたかの確認はできない。

 価格は、導入100ユーザーまで場合が1端末当たり5000円。対応端末は、操作ロック機能がW-ZERO3シリーズ全機種、データ消去機能がWS003SHを除く全機種となっている。

関連キーワード

W-ZERO3 | ウィルコム


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -