ニュース
» 2007年12月18日 15時01分 公開

UBICとバリオセキュア、セキュリティサービスを相互販売

フォレンジックサービスを提供するUBICは、セキュリティ機器を販売するバリオセキュアと協業し、法人向けセキュリティサービスを強化する。

[ITmedia]

 UBICとバリオセキュア・ネットワークスは12月17日、法人向けセキュリティサービスの提供で業務提携した。UBICの「デジタルフォレンジック調査サービス」とバリオセキュアの「マネージドセキュリティサービス」を相互販売していく。

 デジタルフォレンジック調査サービスは、デジタルデータの正当性を証明し、法的に問題解決するための技術である「コンピュータフォレンジック技術」を用いたサービス。社内で情報漏えいなどが起きた際、PCなどに残されたデジタルデータの痕跡や記録を収集・解析し、データに不信な点がないことを明らかにする。

 マネージドセキュリティサービスは、バリオセキュアのUTM(統合脅威管理)機器「VSR」を利用してインターネットゲートウェイで必要なセキュリティ機能を提供するもの。

 価格は、デジタルフォレンジック調査サービスが60万円から、マネージドセキュリティサービスは7万円から。

関連キーワード

セキュリティ | UTM | 情報漏洩


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -